本文へ移動

矯正歯科・咬合育成

矯正歯科・咬合育成

「うちの子はすきまなくキレイに生えているから大丈夫」と思っていませんか? 実は、乳歯の歯並びは、「すきま」があることがよい歯並びなのです。「すきま」がないと、大きい永久歯がはえそろうときにガタガタになってしまう可能性があります。
歯並びは顎の成長とも大きな関わりがあります。お子さんの歯並びが気になったときはぜひお気軽にご相談ください。

日常生活に負担の少ない“目立たない” 治療法もご用意しています

歯は一度削ったり抜いたりしたら元に戻りません。
当院では歯を抜かない矯正治療を行っています。

1.比較的 軽い症状のうちに
2.できるだけ幼いうちに
3.歯を抜かずに
4.あごの成長を促すことを主とする
5.装置が取り外しできる
6.早期に取り込むことで負担が減り経済的

装置を使うだけでなく、お口の周りの筋肉の運動や生活習慣についてのアドバイスをさせていただきながら、患者さまと二人三脚で治療をしていきます。

歯並びを治す3つの方法

【1】寝ている間に歯並びを治す…「床矯正(しょうきょうせい)」

着脱可能な矯正装置を使い、永久歯がキレイに並ぶための「スペースを作っていく」矯正治療です。睡眠時間をメインに、10~14 時間ほど装着をして、徐々に顎の面積をひろげていきます。

【2】扱いやすく目立ちにくい…「マウスピース型矯正」

■「クリアライナー」の認定証
歯を抜いて動かす必要がない場合には、マウスピース型装置による矯正治療ができます。
自分の歯列に合わせた専用トレー( マウスピース状の型) をはめ、徐々に歯列をずらして矯正していく方法で、「クリアライナー」と言いま
す。
 
歯に固定式の装置を使うというわずらわしさをなくし、1 日17 時間以上マウスピースを装着 して、定期的に新しい クリア ライナーに交換していくことによって矯正する治療法です。
着脱自由で、お口の治療もしやすく、透明な装置を使用しますので、目立たず審美的にも優れています。
歯型から手作業でトレーを作製する高度な技術を要する方法です。当院では医師と技工士が技術セミナーを終了しておりますので、安心してご利用いただけます。
マウスピース型矯正

【3】ブラケットを使ったフルマウス矯正

ブラケットとは、矯正を行う際に、ワイヤーを通すために歯に固定する装置のことです。ブラケットを使ったフルマウス矯正とは、このブラケットに通したワイヤーで、きれいな歯並びになるように歯を動かす方法です。
とりはずしができず、どうしてもワイヤーが見えてしまう治療ですが、難しい症例にも対応できるのが特長です。

矯正治療のステップ

 
1. 問診・保険のレントゲン撮影 治療の説明
2. 詳しい資料の採取・口腔内写真・首の上のX線規格写真
3. 診断・説明・契約
4. 抜歯( 必要な場合のみ)
5. 歯に器具をつける
6. レベリング( 歯の高さの調整)
7. オープニング( 歯のスペースを作る)
8. クロージング( 歯のスペースを閉じる)
9. 歯の並びを整える
10. 上下の顎のズレを調整する
11. 上下がしっかり咬み合うように整える
12. 保定( 並べた歯が後戻りしないようにする)
13. 永久保定( 場合によって)
【診療時間
<平日>
9:00〜12:00 /14:00〜18:30
<土曜>
9:00〜12:00 /13:00〜15:00
 
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休診日
  • 診療時間の変更あり
根田歯科医院
〒017-0846
秋田県大館市常盤木町3-14 2F
TEL.0186-42-1733
FAX.0186-42-1830
 
TOPへ戻る